リアルタイムの為替レート

リアルタイムの為替レートとは、時間ごとの為替相場のレートをグラフ化したものであり、その時間のレートがどのくらいだったかが一目でわかるというものです。リアルタイムチャートとも呼ばれており、為替相場のレート把握には欠かせません。為替相場というのは、2つ以上の国間で行われる取引の時に使われるレートの事です。この為替レートが上がっているか、下がっているかで交換後の金額が変わります。為替相場がどのように動いて今に至っているか、一目でわかるがリアルタイムチャートの利点です。


ドル、ユーロ、円など通貨のレートは色々あり、個別のレートを表現するためにチャートを使います。時間の刻みは使い道によって様々で、1分、10分、1時間、1日などがあります。時間単位の種類はとても多く、インターネット上などで表示されているものも幾つも存在します。自分で使いやすい時間の間隔のものを選ぶことが大切です。リアルタイムで為替レートのチャートを表示してくれるスマホのアプリなども開発されています。いつでもどこででもリアルタイムで為替レートが確認できる方がいいという人もいます。どこの会社が運営している為替レートを参考にするかで、レートに違いがある場合があります。できるだけリアルタイムの正確なデータがわかるところにしたいものです。

リアルタイムの為替レートの足とは

為替レートをリアルタイムで表示するツールには、1時間足、3時間足、5時間足などが存在します。為替レートのグラフには、足が用いられます。足というのは値動きを一定の時間で区切って、ローソク状のグラフにしたもののことを言います。30分、2時間、1日、1カ月など、時間の単位は様々なものがあります。現在のトレンドを探ったり、これからの為替レートの変動を予想するためには、リアルタイムの為替チャートが必要になります。分足を使うことで、これから分単位でどうレートが変わるか予想できます。1時間足、1日足など時間の単位が長いチャート表は、今後の値幅を長い期間で予測するために用います。


始値と終値、高値と安値の4つの情報が、ローソク足から読み取ることができるようになっています。5分足ならば、5分間の始値、高値、安値、終値を知ることが出来るという事です。ローソク足チャートを使えば、10分ローソクならその10分の中で、30分のローソクならその30分の中での値がわかります。分足や時間足を用いて、今現在に至るまでのリアルタイムの為替レートを分析し、現在のトレンドと今後の値動きを見ている人はたくさんいます。リアルタイムで為替レートを知る時には、チャート表からトレンドを読み取ることで、どんな取引をすればいいかがわかります。



リアルタイム為替レートの使い方

リアルタイムで為替レートを確認しようとしても、チャート表の種類が豊富でどれにしようか困ってしまいます。どんなやり方で、為替レートはチェックするといいでしょう。例えば今日のトレードでは5分足を使おうとか、明日のトレードでは5時間足を使おうとか考える人もいるようですがこの方法はあまりお勧めしません。


リアルタイムでチャートの動きがわかるという点では同じですが、その時々で違うチャート表を使っていると、取引行動が使ったチャートによって変わってしまいがちです。まず、何種類化の時間足チャートを参照できる状態にして、それらを見ながら取引を行います。チャート表を確認しながらトレードをしてみて、自分にしっくりくる時間足はどれかを見つけます。色んな種類のチャート表を見ていると、取引の経験から為替レートの動きを読み取ることが難しくなってしまうでしょう。安定感のある為替取引ができるようになるためには、用いるチャートや為替レートは決めておくことです。


初心者であるなら、FX会社のデモトレードなどを活用して、リアルタイム為替レートの使い方に慣れることが先決です。どのチャート表を使うとトレードがしやすいかを、デモトレードを通して見極めます。多くの場合、長期の為替取引を想定している場合は日足や週足でレートの動きを見るといいですし、デイトレードの場合は分足や時間足が使いやすいといいます。為替レートを把握するために使うリアルタイムチャートをどれにするかは、どういった取引をしたいと思っているのかにもよるようです。